豊能障害者労働センター、オンラインショップ積木屋のマイアカウント

オンラインショップ積木屋の商品カテゴリー

ホームページに掲載されていない商品のご注文は「お問い合わせ」フォームからお願いします。(ギフト商品は送料形態が異なります)

積木屋通信販売の商品検索


積木屋 豊能障害者労働センターの活動紹介

豊能障害者労働センターってどんなところ?へ

ちかあれブログ

恋する経済&障害者市民事業ネットワーク

被災障害者支援 ゆめ風基金



RSS
ATOM

TOP > 雑貨

TOP > 2018年春夏 つながれ心の地平線


前のページへ戻る

クリマトートバッグ(数量限定)




しなやかにつながる人と布プロジェクト


クリマトートバッグ


クリマとはスワヒリ語で耕すの意。それぞれの土地の人や手仕事をつなぎ、希望を耕していくという願いを込めています。
大胆なデザインの民族布キテンゲを使い、しなやかな革の持ち手と骨のバッグチャームが付いたトートバッグ。


●素材:綿
●持ち手 :天然皮革
●バッグチャーム付き(ケニア製)


裏地は肉厚の綿オックス生地を使用。
便利な大きさの異なるポケット 反対側にも大き目のポケットがあります

*アフリカ布には染ムラやにじみが見られる場合があります。また、持ち手には天然皮革を使用していますので、しわや傷が入っているものもございますが、味わいの一つとお考えいただきご理解ください。




海をこえてつながる4つの拠点



バッグ持ち手の革加工・取り付けは兵庫 県姫路市のアトリエ千異多(ちいた)さん。


就労継続支援A型事業所を始めて四年、姫路の地場産業でもある天然皮革を使って製品づくりを仕事としています。
今回トートバッグの革の持ち手を担当、持ち手を一本一本丁寧に磨き上げて取り付けています。今年三月、取材訪問し、障害のある人の作業風景を見学させていただきました。


バッグ縫製は宮城県石巻市のアトリエうっ布²(うっふっふ)さん。


東日本大震災で大きな被害を受けた石巻市で活動する着物のリメイクサークル。自宅被災者のための集まりで手仕事を通じて、社会や人への関わりで生きがいを見つけるため活動しています。
福島県のこれからを担う子どもたちのために、売り上げの一部をこども保養プロジェクトへ送っています。昨年のプロジェクトに続き、縫製を担当していただいています。



布の仕入れをしてくださった 三木可奈子さん。


アフリカの生活布キテンゲの絵柄は自然や景色、動物などあらゆるものをモチーフにしており、カラフルで大胆なデザインや色使いが特徴です。現地ではシャツやワンピースなどに仕立てたり、腰に巻いたり雑貨小物を作ったりと、日常生活に欠かせない布。
  ケニア在住の三木可奈子さんが生地すべての仕入れを担当してくださいました。



アフリカと豊能障害者労働センターをつないでくださった中村香子さん。


今回の企画に寄せて、中村さんからメッセージをいただきました!
ケニアに通い始めて二五年が経過しました。ケニア首都ナイロビでNGOに勤務した後、研究者として、人類学の視点から人びとの文化や生き方を調査するために通い続けています。ケニアはキリンやゾウやライオンといった大型の野生動物が多く、アフリカ屈指の観光立国です。このため、木彫り職人や、アクセサリー職人、 籠職人などによって、主にみやげ物として販売することを目的に、魅力的な手工芸品が沢山つくられています。しかし、観光業は、テロの発生や大統領選による治安の悪化といったさまざまな事態の影響を受けて、長期にわたって低迷してしまうことが少なくないため、職人たちは苦戦を強いられています。


二〇一八年二月。豊能障害者労働センターでアフリカの布を使ったトートバッグの試作品を見せていただき、「このバッグに合う、バッグチャームをつけたいのです…」とご相談いただきました。このバッグには、素朴であたたかみのある素材がマッチするだろうと思い、「ピーターしかいない!」と思いました。ピーターはケニアの首都、ナイロビ在住のアクセサリー職人で、私と彼とは、もう一〇年来の友人です。 彼が最近、力を入れているのが、ウシ、ラクダ、ヤギの骨の素材です。家畜の骨をさまざまな形に加工して染色して穴のあいたビーズ状のパーツにします。骨の素材を使ったアクセサリーは、素朴な味わいと、身につけたときの肌への馴染みの良さなど、独特の魅力をもっています。すぐにピーターにバッグチャームをデザインしてもらうように注文しました!



アクセサリー職人 ピーター・ンドゥングさん
今回の企画に寄せて、ピーターさんからメッセージをいただきました!


いいデザインを考えつくことができたときは、頭がぱっと開くような、とても爽快な気持ちになります。この仕事がとても好きです。この仕事を誇りに思っています。しかし、これだけで十分に生活ができず、時々田舎に帰り、農業も行いながら、この仕事をしています。
 私のつくったアクセサリーを買ってくれるお客さまは、ケニア人も少なくありませんが、欧米やアジアからの観光客、そして、アフリカの別の国からの買い付けにくる人々等、外国人が多いです。彼らは、ケニア人である自分とは異なる好みをもっていることも多く、そのような人たちからの注文を受け、彼らのセンスにふれながら、自分のデザインの種類を増やしていくことは、本当に楽しいです。


今回は、日本人である皆さんのために友人の中村香子さんと協力してデザインを考えました。日本人はシンプルで、小ぶりで、ナチュラルなものが好きだと思い、今回は「骨」素材のパーツを中心的につかって、一〇種類のデザインを考え、みなさんが気に入ってくださることを願いながら一生懸命つくりました。



豊能障害者労働センター
障害のある人とともにさまざまな工程を担っています。


生地の色止めと洗濯・アイロンがけ・生地の裁断・接着芯貼り・チャーム付け・袋入れ




ご希望の商品の番号を選択してください。





型番 3331-
販売価格(内税) 4,500円(内税)
購入数
オプションの価格詳細はコチラ
 
6-1
6-24,500円(内税)
在庫なし
6-3
6-44,500円(内税)
在庫なし
6-5
6-6
6-74,500円(内税)
在庫なし
6-8
6-9
6-10
6-11
6-12
6-13
6-14
6-15
6-16
6-17
6-18
6-19
6-20
6-214,500円(内税)
在庫なし
6-22
6-23
6-244,500円(内税)
在庫なし
6-25
6-26
6-27
6-284,500円(内税)
在庫なし
6-29
6-30

  • この商品について問い合わせる
  • この商品を友達に教える
  • 買い物を続ける
  • 最近チェックした商品

    この商品を買った人はこんな商品も買ってます